淀屋橋プリントセンター HOME › ご利用について

現在、多数のお引き合いを頂いており特急対応が困難な状況となっております。
つきましては下記業務を一時休止させて頂きます。
□名刺印刷の当日対応 □デザイン・ロゴ制作やトレース等のデータ制作が必要な業務
大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程をよろしくお願い致します。

ご利用について

入稿から納品までの流れ

お問い合せ
メール及びお電話にてお問い合せ下さい。
ヒアリング
印刷内容の確認
使用方法、使用時期、サイズ、頁数、用紙、印刷度数、加工方法、データの有無、納品場所、予算などをお伺いします。
お見積り
お支払い方法の確認
(お支払い)
基本的に初回は現金前払い後着手となります。
希望される用紙などはお見積りの段階で在庫を確認を致します。
また同時に大阪プリントセンターでの印刷予定を押さえます。
データ入稿
メール・持ち込み・営業引き取りのいずれかでデータ入稿可能です。
作業指示書作成
データ内容確認後、作業指示書を作成し大阪プリントセンターへ連絡。
印刷・断裁・各種加工
作業指示書に従い、印刷及び断裁、後加工、包装までを丁寧に行います。
製品の検品
納品
作業指示書や見本などがあれば検品を行い、大阪プリントセンターから営業が引き取ってお客様の元へ納品。

※お客様が遠方の場合、もしくは納期にゆとりがある場合路線便で発送する場合もございます。

入稿について

データによる入稿は基本的に完全データが基本となっております。入稿データに不足がありますと出力ができませんので必ずデータのチェックを行ってください。またデータ不備による日程のズレ等が生じる場合がありますのでご注意下さい。

データ入稿

メール・持ち込み・営業引き取りのいずれかで入稿ができます。
20MB以上の大きなサイズのデータは下記のストレージサービスのご利用にご協力下さい。

大容量ファイル(無料)受け渡しサービスによる入稿

リンク元画像も必ず添付下さい。

リンクで貼られたデータは、元データが無いと印刷できません。また、埋め込みされたデータも念のため添付下さい。 画像によるなんらかの問題が生じた場合に、添付された元データがあれば、ある程度対応が可能になります。

データのバックアップを必ずお願い致します。

データの扱いには細心の注意を払いますが、念のため必ずバックアップを取って下さい。

画像解像度

スキャニング時、300~350dpiが適切です。

カラー画像はCMYKモードで保存下さい。

カスタムカラー(特色)はプロセスカラー(CMYK)に変換して下さい。

当社は4色版にて印刷を行っています。緑はシアンとイエローの掛け合わせで2色扱い。茶色は3色(または4色)扱いとなります。データをCMYKにされた後、スポイトでデータの掛け合わせをご確認下さい。

また、取込んだ画像に「プロファイル」はかけないで下さい。印刷機へプロファイルデータは送れません。
イメージとは違った色合いで印刷されてしまいます。

データは、EPSファイル形式のバイナリ保存でお願い致します。

EPS形式が一番色の再現性があり、次行程への処理も円滑に進みます。圧縮しないバイナリでの保存をお願い致します。

塗り足しはありますか?

画像その他で、原稿の端まで画像・色が付いている場合は、トンボはそのままで、画像・色(下地)を3mm余分に原稿サイズよりも大きく作成して下さい。 断切りの際にその部分を切り落とし、原稿の端まで色がつきます。(無い場合は、端が白く残るか、サイズが1mm程小さくなってしまいます)

入稿データは必ずアウトラインをかけて下さい

必ず文字のアウトライン化をお願いします。

目安線は、削除して下さい

目安線は、データ確認時に間違ってそのままデータとして処理をしてしまう可能性がございます。削除して下さい。

トンボはトリムマークで作成し、CMYK各100%にして下さい。

Illstratorでトンボを作成の際、「トンボ」で作成するとトンボが固定されてしまいます。
必ず「トリムマーク」(フィルタ→クリエイト→トリムマーク)で作成して下さい。また、各色100%で作成して下さい。

トンボからデータがはみ出ている部分は、マスクをかけていますか?

トンボからデータがはみ出たままですと、印刷する際に位置が中心にこない為ずれて印刷されてしまいます。データがトンボの外にまで及ぶ場合には、必ずマスクをかけて下さい。

仕上がり時必要な部分以外の不要なものは削除して下さい。

トンボの外に余分なデータを残した状態では、印刷位置がずれて印刷できません。
不要なデータは削除して下さい。

Illstratorの不要なアンカーポイント(孤立点)が残っていませんか?

アウトラインをかけた後でも、孤立点がのこっているとフォントデータとして残ってしまい、印刷できません。不要な孤立点は除去して下さい。(編集→選択→孤立点で選択出来ます)

Illstratorのパターンスウォッチは分割処理をして下さい。

パターンスウォッチはそのままですと印刷処理時にデータが上手く処理できずイメージとは違った状態で印刷されてしまいます。必ず分割処理(オブジェクト→分割)をして下さい。

文字の網かけ(100%以下)は、お勧め出来ません。

印刷は点でインクをのせるため、細い文字に網をかけますと綺麗に印刷されないことがございます。

線の太さは、0.75Point以上を指定して下さい。

印刷は点でインクをのせるため、0.5Point以下の線については綺麗に印刷できません。あまり細い線は、場合によっては印刷出来ない場合もございます。線は少し太めにお願い致します。

黒文字を色の掛け合わせで表現しないで下さい。文字の多色化は色ぶれが生じる場合ががございます。

黒文字を色の掛け合わせで表現しないで下さい。 文字の多色化は、色ぶれが生じる場合がございます。 黒文字を掛け合わせで印刷すると、版と版とがぶれてくっきり印刷されないことがございますので黒は「黒100%」で作成して下さい。

データは、印刷単位ごとに別ファイル名で保存下さい。

表面と裏面を一つのデータで保存せず、別々に保存して下さい。また、保存する際は分かりやすいようなファイル名で「表」「裏」と明記下さい。また、印刷に必要なデータ以外のデータは削除して下さい。

対応ソフト・バージョン

  •  Adobe Illustrator® 
    Ver.5.5J・7.0J・8.0J・9.0J・10.0J・CS・CS2・CS3・CS4・CS5・CS5.5・CS6
  •  Adobe Photoshop®
    Ver.5.5J・6.0J・CS・CS2・CS3・CS4・CS5・CS5.5・CS6
  •  Adobe InDesign®
    Ver.CS・CS2・CS3・CS4・CS5・CS5.5・CS6

入稿するデータは、基本的にAdobe Illustrator、Adobe InDesignとなります。 アウトラインPDFによるデータ入稿は、印刷時での写真色補正、文字変更など修正ができませんのでご注意下さい。 トムソン割り付けデータが有りましたらCTP出力がスムーズに進行しますのでEPSフォーマットに変換して入稿してください。

Office系ソフトについて

WindowsOfficeのデータはRGBです。

WindowsOfficeのデータはRGBであるため、色が著しく変わってしまう場合がございます。(RGBはCMYKへ自動変換されます)カラーサークル(下記参照)と画面とでご確認下さい。 WindowsOfficeのデータはそのほとんどが特色なため、原則としてフルカラー扱いとなります。
お客様のPCにて、下記カラーサークルをご確認下さい。 (Wordの「フォントの色」→「その他の色」)お客様の画面ではRGB表示の色合いがこの印刷物(マニュアル)の色(CMYK)に変換されてしまいます。

出力サンプルを添付下さい。

色味・レイアウト等、出力サンプルにてデータとの校正確認などさせて頂きます。
完全なものをお持ち下さい。 また、訂正箇所は明記して下さい。

標準フォント以外のフォントは、フォントデータを添付して下さい

当社にフォントが無い場合、自動で置き換わってしまい、お客様のイメージとは違ったものになる場合がございます。

画像を配置される場合には、オブジェクトではなく図で配置下さい。

Wordなどで画像を配置する際、オブジェクトで配置されますと印刷出来ません。
図として配置下さい。

WordArtなどの特殊な機能は、ご使用にならないで下さい。

WordArtなどは特殊な機能の為、印刷出来ないことがあります。ご使用にならないで下さい。

Excelは罫線を枠線ではなく、必ず図の罫線で書いて下さい。

Excelで、グラフや表を作成する際、セルの周りを囲む「枠線」ではデータとして処理できません。
必ず図の罫線で作成して下さい。

他のアプリケーションのデータを、そのまま貼り付けないで下さい。

他のアプリケーションデータを、そのまま貼り付けないで下さいWordにExcelやExcelにCADデータなど、他のアプリケーションのファイルをそのまま貼り付けしないで下さい。配置される場合には画像へ変換(BMPなどに)して図として配置下さい。

ご利用について
Fuji Xerox Color Management Professional 取得
大阪の彩匠堂 代表ブログ
彩匠堂RECRUIT
淀屋橋プリントセンター 大阪営業エリア
大阪営業エリアマップ

大阪市内でも中之島、淀屋橋、本町、北浜に事務所があるお客様につきましては、お問い合わせいただいた後、できる限り弊社スタッフが対応致します。与えられた状況の中で、最大限のスピードで対応するのが当社の特徴です。

淀屋橋プリントセンター 営業日カレンダー
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プライバシーマーク
ページの先頭へ戻る